飛び跳ねながら考えるうさぎの日記

トップページくらい少し整理しました。自己紹介と最近の活動を簡単にご紹介します。
自動代替テキストはありません。

2017年5月、私はFacebookを始めました。随分前からアカウントは持っていましたけどSNSってあまり好きじゃなかったのですが、ふとネットで情報発信したいなーと思って1日1回程度の頻度で更新するようにしました。コンセプトとかはあまりなく、ブレブレでしたがだんだん読んでくださる方が増えて、投稿記事に対する議論も活発になって楽しかったんです。

facebook活動

ただ、登録できるお友達数は5,000人が限界だし、そもそも本来SNSはリアルの延長線上に使うものだし。ネットの活動としてこれ1本というのは限界かなーと思っていたところVALUを知り、すぐに始めました。

VALUはネット内の意識高い系の人が切磋琢磨していたので、ネットで活動するのに必要な知識を身につける上で大変参考になりました。一方で私はひねくれ者なので、ひたすら毎日ブログ更新することとかには興味が無かったので、違う切り口を考えました。その結果、久しぶりにスパイダリングハックを使ったプログラミングをして、VALU225というコンテンツを作りました。

日経225のVALUバージョンです。VALUの時価総額上位者とVALUER数(株主)の多い人のうち出来高順に上位225人をピックアップして平均価格等を算出しました。半リアルタイム更新で、その日の値動きもわかる指標に仕上げました。VALU225は、VALUの価格が中期にわたって下落しているという事実を明らかにしました。感覚通りだという方がいる一方で、かなりショッキングな指標になったのではないかと思います。上昇トレンドが確認できなかったのは残念ですが、それでも取引のためのフェアな指標をリリースできてよかったなと思います。

そしてVALU PP。こちらはVALUの取引ツールです。株取引やFXのように、銘柄ごとの現在の値動きを見やすく、取引しやすくしたかったんです。VALUは投機目的での取引は禁止なので用途は限られますが、VALU225が下げたときにその理由となる個別銘柄の動きを探ったり、注目銘柄を逃さないために有効なツールとなっています。

ヒカルさんの事件の時は、当日の出来高が数千を超えていて。あ、この人数千万円稼いでいる!!ってすぐにわかりました。VALUを使っているだけではわからないデータを補完することもVALU PPの大切な機能です。

飛び跳ねながら次は何しようかなー、と考えているうさぎの近況でした。