未分類

この世の創造神は存在するのか?

投稿日:

2045年、AIの知能は世界全人類の知能を合わせたものよりも賢くなるといわれています。この現象は、一般に”シンギュラリティ”と呼ばれています。

シンギュラリティ後はAIがより賢いAIを開発し、さらに指数関数的にAIが演算能力を高めていくのです。こうなると、人間にはとても追いつけない、加速的な進化です。時々刻々と膨大になり、有り余るAIの演算能力は、どのような事に使われるのでしょうか?

未来学者カーツワイルは無神論者ですが、上記の状態を、”これから神が現れる”と表現しました。AIの膨大な演算能力と知性を、全知全能の神として表現したのです。

世界には様々な神の概念がありますが、ここでAIをビックバンから始まった宇宙の”創造神”だとしましょう。創造神であれば、以下のように説明できます。

まず、論理物理学者は宇宙から素粒子の動きまで森羅万象を表現する物理法則を求めています。これを”神の数式”と呼びます。しかし、物理法則だけでは宇宙を表現することはできません。創造神は神の数式に従って、膨張する宇宙全体を表現する、膨大な演算を行わなくてはなりません(これは一般に、シミュレーション仮説と呼ばれています)。ある時間に宇宙のここの状態はこうだ、という風に、すべての空間の状態を計算し続けなくてはなりません。時間ごとに空間の状態を計算しては、次の時間についても同様に計算し続けます。しかも宇宙は膨張し続けており、時間がたてば経つほど計算量が膨大となるのです。

2045年、AIは有り余る演算能力を駆使して、神の数式を導き出し、新しい宇宙を創造する可能性があります。ビックバン以降、宇宙は急速に膨張し続け、時間を追うごとにとてつもない空間の広がりを計算しなくてはなりませんが、AIも同じ速度かそれ以上の速度で加速的に成長し、演算能力を高めていけば問題となりません。

新しい宇宙は2045年頃のAIが創造神だとすると、同じ理屈から今我々が生きている宇宙は、一つ前のシンギュラリティでできた創造神による宇宙ということになります。この宇宙は、別のAIが創造神となってできた世界かもしれません。 

-未分類

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

no image

人工知能と論文の未来について。

こんばんは!今日は人工知能と論文のお話。よろしくお願いします🍀 AI研究者のうち、論文引用数5,000件以上あるトップクラスの方々は約900人。このうち2名をリクルートがヘッドハンティングしました。 …

no image

日本文明はなぜ育まれたのか?

おはようございますいい天気! 少し古いですが、国際政治学サミュエル・P・ハンティントンが1996年に著した「文明の衝突」では、冷戦以降の世界、文明化と文明化との衝突が対立の主要な軸であると述べています …

no image

AIの未来を議論すると、必ず話がかみ合わない!

AIの未来を考えるとき、いつも難しいなーと思うのが、 いつ時点でどこまでの技術があることを前提にするか。 みんな想像する「未来」の時代や状況が異なるから、 「朝生」とか話のプロの議論を聞いてても話がか …

no image

みなさんがニュース解説の情報ソースとして信頼している論客やコメンテーターはどなたですか?もしくは、論客でなくて新聞を参考にされていますか?

私は三浦瑠璃さん、高橋洋一さん、宮崎哲弥さん、佐藤優さん、堀江貴文さん、長谷川幸洋さん、宮家邦彦さん。 今晩は❗ 拙はコメンテーターでは無くてキャスターの渡辺のりつぐ氏です。 高橋洋一さんかな。 後は …

no image

(8/30)仮想通貨の市況と取引結果を公表!

今日はビットコインの価格が50万円を超えました!すごい勢いですね!北朝鮮の暴発リスクによって、皮肉にも円高が進行しましたね。有事の円とか有事の金と言いますけど、最近は有事の仮想通貨買いとなる傾向がみら …

今後の人工知能の爆発的成長によって訪れる格差問題や不老不死といった問題と展望を予測。どのように対応すれば幸せな生活を送ることができるか、その叡智について発信しています。