AI ビジネス

ビックデータと独占禁止法

投稿日:2017年6月14日 更新日:

googleやamazonなど屈強なハイテク企業は、私たちの行動や嗜好の情報、さらにプライベートな内容のメールに至るまで
重要かつ多様なビックデータを保持しています。一方、日本企業はこれらの企業と比べて私たちのビックデータを十分に集められていないことから、
屈強なハイテク企業との間に大きな”企業間格差”が生まれているんです。

ビックデータはマーケティング活動のほか、様々な用途のAIを開発するうえで無くてはならないもの。今後も加速的に重要性が増していきます。
このままではハイテク企業が高度なAIを用いて日本のローカルに向けてビジネスを深化させ、さらに多くの伝統的な日本企業が駆逐されてしまいます。

今回、この企業間格差を公正取引委員会が問題視し、ビックデータを独占禁止法の対象にする案が浮上しています。

・ビックデータは集めた企業のものでしょうか?それとも公共のものだと思いますか?

・ビックデータの独占禁止法適用によって一極集中が解消し、
私たちの豊かさの向上や日本企業によるイノベーションの創造、
ひいては日本の国益にかなうと思いますか?

・ビックデータがどのように取扱えば、よりよい社会になると思いますか?

-AI, ビジネス
-, , , , ,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

no image

今は亡き大芸術家の”新作”をAIが創る

AIがまた新たな偉業を達成した。マイクロソフトやデルフト工科大学、INGグループ、レオブラント博物館などの共同プロジェクト「ザ・ネクスト・レンブラント」では、模倣と言うよりも本人が描いたとしか思えない …

no image

宇宙は人工知能で覆い尽くされる

あなたには子供かご両親、または別の大切な家族がいるだろうか? 私たちは遠い祖先の時代から、子供を作り、育て、次の世代へと命を繋いできた。 ただし親から子へ直接継承できるのは、身体の設計図である遺伝子だ …

no image

人工知能に置き換わる世界。

かつての電話交換手やエレベーターガールのように。今ある仕事もなくなってゆく。 大企業は生き残りを賭けて先端技術を取り込むが、多くの社員は適応できずに脱落していくだろう。 投資家の取り分は限りなく大きく …

no image

AIの大躍進に備えよう

今日はベーシックなお話です。お付き合いください 人類の知能の進化とコンピュータの処理能力の進化の傾向は並べてみると酷似していて、いずれも直線的でなく、指数関数的な進化を遂げています。当初は緩やかな成長 …

no image

爆発する知能

既に今のAIは数千万もの論文を解釈することができる。 大学病院でも特定困難な難病でさえ、AIは判別できるだけのポテンシャルがあるのだ。 既に学習量という意味では到底AIには敵わないのだから、医者や士業 …

今後の人工知能の爆発的成長によって訪れる格差問題や不老不死といった問題と展望を予測。どのように対応すれば幸せな生活を送ることができるか、その叡智について発信しています。