未来社会 未来科学

不老不死が現実になる。

投稿日:2017年5月13日 更新日:

ナノロボットや医療の発達で老化をコントロールすれば、不老不死も夢ではなくなってくる。

しかしながら、実はナノテクノロジーの発展は他の分野と比べるとスピード感が無いのだ。

不老不死の実現には、iPhone並みの演算能力を備えた、赤血球ほどのナノロボットを体内で制御する技術が必須となる。人工の抗体が、あなたの身体を守るために。

滑稽に思うかもしれないけれど、20年前にマシンルームを占拠したスーパーコンピュータよりもiPhoneの演算能力の方が高く、コスト面も集積率でも目を見張るほどの成長を繰り返している。

 

泥臭いようだが、こうした技術の確立より前に病気で倒れてしまうことが無いよう、日々の健康管理を怠らないようにしたい。

-未来社会, 未来科学

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

no image

モチベーション格差から貧富はさらに広がる

今後、衝撃的な格差社会が到来するのか?クラウドと人間の融合によって、知識を詰め込む必要はなくなり、脳内に直接ダウンロードできるようになると言われている。学校そのものが要らなくなるとか、この手の話は近未 …

no image

格差社会は広がっていく。

お疲れ様です!今日はAI時代の貧富の格差についてお話します😊お付き合いくださいね♩ AIの発展による恩恵を受けた投資家や経営者はますます富を蓄えます。一方で私たち庶民は十分な富の再分配を得られず、貧富 …

IoTとは?【技術的な側面から解説します】

IoTとは? 「IoT」という用語は、マサチューセッツ工科大学(MIT)のAuto-IDセンターの共同設立者であるKevin Ashtonによってつくられたものです。家電をはじめ、インターネットに接続 …

no image

明日から上司は、すごいPepperです!

もし新しい上司がPepper君だったらどうだろうか? 汎用人工知能ならば、あなたの上司になるには十分な能力があるだろう。 しかし自分の上司が人間ではなくロボットだとすると、 仕事を指示された際、あなた …

no image

仕事のできる×××はモテる?!

2030年頃には、純粋機械経済へ移行するという予測が主流だ。 仕事のできる男はモテるが、この頃にはどんな男もAIに勝る仕事をすることはできないだろう。 AIは効率的に仕事をこなし、イノベーションを起こ …

今後の人工知能の爆発的成長によって訪れる格差問題や不老不死といった問題と展望を予測。どのように対応すれば幸せな生活を送ることができるか、その叡智について発信しています。