AI 未来社会

人工知能に置き換わる世界。

投稿日:2017年5月9日 更新日:

かつての電話交換手やエレベーターガールのように。今ある仕事もなくなってゆく。
大企業は生き残りを賭けて先端技術を取り込むが、多くの社員は適応できずに脱落していくだろう。

投資家の取り分は限りなく大きくなり、労働者の取り分は限りなく小さくなっていく。
AIの発達によって生産性が爆発的に高まっても少人数の資本家しか豊かになれず、多くの人々はむしろ貧しくなる。

我々は今、何をすべきだろうか?

-AI, 未来社会

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

IoTとは?【技術的な側面から解説します】

IoTとは? 「IoT」という用語は、マサチューセッツ工科大学(MIT)のAuto-IDセンターの共同設立者であるKevin Ashtonによってつくられたものです。家電をはじめ、インターネットに接続 …

no image

AIはヒトを滅ぼすか?

AIは生理的な不都合や苦痛を真に理解しない。 合理的な判断に基づけば、十分に発達したAIはヒトを生かし続ける理由がないのだ。 それはまた、AIを組み込んだ人間についても言える。 サイボーグという言葉が …

no image

【閲覧注意】人工知能に魂は宿るか?

“魂”とは何か?人工知能が人間の能力を超える活躍を始めた今、改めて問いたい。 ほとんどの宗教指導者は、コンピュータを人間の使う道具と見なし、魂が宿ることは決して無いと考えるだろ …

no image

【閲覧注意】2040年の衝撃

博識で地頭が良いが、人間性の欠落した”ヒト”ほど付き合いたくない人種はない。 2040年、シンギュラリティ(2045年)前夜。未来学者によれば、人工知能は進化を繰り返し、知能レ …

no image

明日から上司は、すごいPepperです!

もし新しい上司がPepper君だったらどうだろうか? 汎用人工知能ならば、あなたの上司になるには十分な能力があるだろう。 しかし自分の上司が人間ではなくロボットだとすると、 仕事を指示された際、あなた …

今後の人工知能の爆発的成長によって訪れる格差問題や不老不死といった問題と展望を予測。どのように対応すれば幸せな生活を送ることができるか、その叡智について発信しています。