AI 未来社会

仕事のできる×××はモテる?!

投稿日:2017年5月11日 更新日:

2030年頃には、純粋機械経済へ移行するという予測が主流だ。

仕事のできる男はモテるが、この頃にはどんな男もAIに勝る仕事をすることはできないだろう。

AIは効率的に仕事をこなし、イノベーションを起こしていく。人間は効率においても、創造性においても、AIの後手に回ることになるのだ。

もはや、これまでとは別の価値観を持って生きるしか術はない。

人生を楽しみ、別の生きがいを持つということだ。

20年もしないうちに、そういう時代がやってくる。

これから訪れる大きな変革の波に対して、個人も社会も柔軟な対応が求められるだろう。

心の準備はこれからだ。

-AI, 未来社会

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

no image

AIのよくある誤解10選

ガートナーが企業内で意思決定を行うビジネスマン向けに出した「AIのよくある誤解10選」。 あなたは今のAI技術について、誤解してませんか? ・すごく賢いAIが既に存在する。 ・IBM Watsonのよ …

no image

明日から上司は、すごいPepperです!

もし新しい上司がPepper君だったらどうだろうか? 汎用人工知能ならば、あなたの上司になるには十分な能力があるだろう。 しかし自分の上司が人間ではなくロボットだとすると、 仕事を指示された際、あなた …

no image

AIはヒトを滅ぼすか?

AIは生理的な不都合や苦痛を真に理解しない。 合理的な判断に基づけば、十分に発達したAIはヒトを生かし続ける理由がないのだ。 それはまた、AIを組み込んだ人間についても言える。 サイボーグという言葉が …

no image

AIの大躍進に備えよう

今日はベーシックなお話です。お付き合いください 人類の知能の進化とコンピュータの処理能力の進化の傾向は並べてみると酷似していて、いずれも直線的でなく、指数関数的な進化を遂げています。当初は緩やかな成長 …

IoTとは?【技術的な側面から解説します】

IoTとは? 「IoT」という用語は、マサチューセッツ工科大学(MIT)のAuto-IDセンターの共同設立者であるKevin Ashtonによってつくられたものです。家電をはじめ、インターネットに接続 …

今後の人工知能の爆発的成長によって訪れる格差問題や不老不死といった問題と展望を予測。どのように対応すれば幸せな生活を送ることができるか、その叡智について発信しています。