AI 未来社会

仕事のできる×××はモテる?!

投稿日:2017年5月11日 更新日:

2030年頃には、純粋機械経済へ移行するという予測が主流だ。

仕事のできる男はモテるが、この頃にはどんな男もAIに勝る仕事をすることはできないだろう。

AIは効率的に仕事をこなし、イノベーションを起こしていく。人間は効率においても、創造性においても、AIの後手に回ることになるのだ。

もはや、これまでとは別の価値観を持って生きるしか術はない。

人生を楽しみ、別の生きがいを持つということだ。

20年もしないうちに、そういう時代がやってくる。

これから訪れる大きな変革の波に対して、個人も社会も柔軟な対応が求められるだろう。

心の準備はこれからだ。

-AI, 未来社会

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

no image

【閲覧注意】人工知能に魂は宿るか?

“魂”とは何か?人工知能が人間の能力を超える活躍を始めた今、改めて問いたい。 ほとんどの宗教指導者は、コンピュータを人間の使う道具と見なし、魂が宿ることは決して無いと考えるだろ …

no image

不老不死が現実になる。

ナノロボットや医療の発達で老化をコントロールすれば、不老不死も夢ではなくなってくる。 しかしながら、実はナノテクノロジーの発展は他の分野と比べるとスピード感が無いのだ。 不老不死の実現には、iPhon …

no image

お金の要らない世界が待っている。

AIによる業務効率化が進むと、物の値段が下がる。昔は音楽1曲1CDで1,000円くらいだったが、今はインターネットによって無料に近いのと同じ理屈だ。街医者は今後、あらゆる医療分野の数億本の論文を読んだ …

IoT事例7選【海外事例を中心に紹介】

IoT(Internet of Things)は今最も注目されている技術の一つです。 この記事では、将来性のあるIoT事例を7つ紹介したいと思います。 1.nest nestは、家電操作をスマートフォ …

no image

AIの知性は人間を超えているのか?

アルファ碁は27日、世界最強とされる中国人囲碁棋士に3局全勝したそうです。安定した局面から、AIのさらなる進歩を世界にアピールしました。今後は人間と対局しないそうです。AIは既に人間の知性を超えたので …

今後の人工知能の爆発的成長によって訪れる格差問題や不老不死といった問題と展望を予測。どのように対応すれば幸せな生活を送ることができるか、その叡智について発信しています。