仮想通貨 未来社会

国営仮想通貨でみんな豊かになる

投稿日:2017年5月29日 更新日:

いま、仮想通貨が人気だ。一番の特徴はブロックチェーンと呼ばれる技術。管理者がいないにもかかわらず、2009年に稼働して以来、一度もダウンしていないのだ。

一般に通貨は国が発行し、通貨政策に準じて運用される。ここで重要なのは、国の信用だ。ジンバブエでは国家が大した資産もないにもかかわらぶ通貨を大量に発行し、文字通り紙幣は紙くずとなったのだ。
しかし、仮想通貨は裏付けとなる資産は不要だ。予め定められた上限金額まで徐々に通貨を発行していき。頭打ちにする。あとは需給のバランスで値段がつくため、金や銀といった資源に近い価値を無から生み出すことができる。
国が仮想通貨の発行体となり、国民にベーシックインカムのように供給する。それをビットコインのように世界の仮想通貨マーケットに公開し、世界中で取引やショッピングに使えるスキームを引く。そうすれば、財源がなくても国はいくらかのベーシックインカム導入の実験と、ブロックチェーンを中心とした仮想通貨技術の大掛かりな検証ができる。
これから世界にテクノロジーと経済の大きな変化が訪れるだろう。世界のイニシアチブをとる国であるよう、大胆な政策を掲げてほしい。

-仮想通貨, 未来社会

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

no image

不老不死が現実になる。

ナノロボットや医療の発達で老化をコントロールすれば、不老不死も夢ではなくなってくる。 しかしながら、実はナノテクノロジーの発展は他の分野と比べるとスピード感が無いのだ。 不老不死の実現には、iPhon …

no image

モチベーション格差から貧富はさらに広がる

今後、衝撃的な格差社会が到来するのか?クラウドと人間の融合によって、知識を詰め込む必要はなくなり、脳内に直接ダウンロードできるようになると言われている。学校そのものが要らなくなるとか、この手の話は近未 …

no image

【リンドホルム島】デンマークが不法移民を島流し

デンマーク政府は犯罪などの理由で国外退去命令を受けた不法移民のうち、国外に送還させられない人々を離島に島流しにする計画を発表しました。 デンマークは世界で最も厳しい移民政策を進める国と言われていますが …

IoT事例7選【海外事例を中心に紹介】

IoT(Internet of Things)は今最も注目されている技術の一つです。 この記事では、将来性のあるIoT事例を7つ紹介したいと思います。 1.nest nestは、家電操作をスマートフォ …

no image

202X年 共産主義の逆襲

冷戦のころ、まだ共産主義を本気で信じていた人々がいたが、今となっては中国共産党員でも皆無だろう。 それは、共産思想が人の煩悩を制御する仕組みになっていなかったからだ。働かなくても賃金が一緒ならサボりた …

今後の人工知能の爆発的成長によって訪れる格差問題や不老不死といった問題と展望を予測。どのように対応すれば幸せな生活を送ることができるか、その叡智について発信しています。