未来社会

格差社会は広がっていく。

投稿日:2017年6月3日 更新日:

お疲れ様です!今日はAI時代の貧富の格差についてお話します😊お付き合いくださいね♩
AIの発展による恩恵を受けた投資家や経営者はますます富を蓄えます。一方で私たち庶民は十分な富の再分配を得られず、貧富の格差はますます広がっていくと推察します!
理不尽に思われるかもしれませんが、私たちは今最新のスマホが使えていますよね!これ、20年前の世界に持ち込むことがてきたら、どんな億万長者でも喉から手が出るほど欲しい、超高級品ですよ!!私たちは昔の富裕層よりもはるかに多くの技術的な恩恵を得ていて、その面では豊かな生活を送っているんです。
つまり、これからのAI社会でも、大金持ちにならなくても、技術の発展の恩恵は誰しも享受できるものなんです。
貧富の格差は広がりますが、お金がないからといって不幸になるかというと別問題。お金がなくても利用できる技術が不幸を減らしたり、生活保護をはじめ、政府のセーフティネット次第という面も大きいんです。
私はすっごいお金持ちもいるんだなーくらいで、格差問題については比較的冷めた見方をしています⭐︎問題の本質は、格差よりも脱税や租税回避だと思います。
皆さんは貧富の格差についてどう思いますか?

-未来社会

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

no image

仕事のできる×××はモテる?!

2030年頃には、純粋機械経済へ移行するという予測が主流だ。 仕事のできる男はモテるが、この頃にはどんな男もAIに勝る仕事をすることはできないだろう。 AIは効率的に仕事をこなし、イノベーションを起こ …

no image

脳のプライバシーは守られるのか?

脳科学によって脳のメカニズムが解明されると、脳はハッキングの対象となってしまう恐れがあります。 例えばハッキング対象の人の脳波をキャッチすれば、様々な意思を捉えることができるようになるかもしれません。 …

no image

爆発する知能

既に今のAIは数千万もの論文を解釈することができる。 大学病院でも特定困難な難病でさえ、AIは判別できるだけのポテンシャルがあるのだ。 既に学習量という意味では到底AIには敵わないのだから、医者や士業 …

no image

不老不死が現実になる。

ナノロボットや医療の発達で老化をコントロールすれば、不老不死も夢ではなくなってくる。 しかしながら、実はナノテクノロジーの発展は他の分野と比べるとスピード感が無いのだ。 不老不死の実現には、iPhon …

no image

【閲覧注意】2040年の衝撃

博識で地頭が良いが、人間性の欠落した”ヒト”ほど付き合いたくない人種はない。 2040年、シンギュラリティ(2045年)前夜。未来学者によれば、人工知能は進化を繰り返し、知能レ …

今後の人工知能の爆発的成長によって訪れる格差問題や不老不死といった問題と展望を予測。どのように対応すれば幸せな生活を送ることができるか、その叡智について発信しています。