AI 未来社会

爆発する知能

投稿日:2017年5月10日 更新日:

既に今のAIは数千万もの論文を解釈することができる。

大学病院でも特定困難な難病でさえ、AIは判別できるだけのポテンシャルがあるのだ。

既に学習量という意味では到底AIには敵わないのだから、医者や士業など専門性の高い職業は業態が大きく変わっていくだろう。

やがて人々は論文をAI向けに書くようになり、AIもまたAI向けに論文を書くようになる。
AIは知識を効率よく集め、そこから新たな知識を生み出すようになるということだ。

それはすなわち、AIによる知能爆発が現実のものとなりつつあることを意味している。

-AI, 未来社会

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

no image

AIと量子コンピュータ

今日はAIと量子コンピュータのお話。囲碁と将棋の例でご説明します😊 AIは囲碁も将棋も得意。でも先の先まで、全てを見通しているわけではないんです。 人間やAIは、ダメそうだなーと思った戦術は深く考えま …

no image

人工知能に置き換わる世界。

かつての電話交換手やエレベーターガールのように。今ある仕事もなくなってゆく。 大企業は生き残りを賭けて先端技術を取り込むが、多くの社員は適応できずに脱落していくだろう。 投資家の取り分は限りなく大きく …

no image

今は亡き大芸術家の”新作”をAIが創る

AIがまた新たな偉業を達成した。マイクロソフトやデルフト工科大学、INGグループ、レオブラント博物館などの共同プロジェクト「ザ・ネクスト・レンブラント」では、模倣と言うよりも本人が描いたとしか思えない …

no image

AIの大躍進に備えよう

今日はベーシックなお話です。お付き合いください 人類の知能の進化とコンピュータの処理能力の進化の傾向は並べてみると酷似していて、いずれも直線的でなく、指数関数的な進化を遂げています。当初は緩やかな成長 …

no image

脳のプライバシーは守られるのか?

脳科学によって脳のメカニズムが解明されると、脳はハッキングの対象となってしまう恐れがあります。 例えばハッキング対象の人の脳波をキャッチすれば、様々な意思を捉えることができるようになるかもしれません。 …

今後の人工知能の爆発的成長によって訪れる格差問題や不老不死といった問題と展望を予測。どのように対応すれば幸せな生活を送ることができるか、その叡智について発信しています。