量子コンピュータ

脅威のDNAストレージで量子コンピュータが実用化、数年後には市販される。

投稿日:2017年5月26日 更新日:

DNAストレージなら、試験管の先端におぼろげに見えているDNA(ピンク色の部分)だけで、ベーシックなスマートフォン600台分以上に格納されている動画や画像、電子メールなどのデジタルデータすべて(10テラバイト相当)を保存できる。

DNAストレージの作り方はこうだ。まず、保存したいデータをDNA配列に変換する。そして、人工DNA配列を生物(バクテリアなどの細菌類)のゲノムに挿入する。すると、生物が生きたままストレージとして機能するのだ。このほか、生物から取り出したDNA情報だけを保存する技術もある。

DNAストレージは、量子コンピュータの実用化に欠かせない技術だ。量子コンピュータはその性質上、膨大なデータを保存するため、従来とは異なる新たなデータ保存技術を必要としている。

 

量子コンピュータの特徴は、従来型を凌駕する処理速度だ。一般向けの普及に先がけて、グーグルは自社の量子コンピューター「D-Wave」を用いることで、特定分野の演算において従来型PCよりも「1億倍高速」に処理できたという。
グーグルは5年以内に量子コンピューターの一般販売開始を目標にしているが、DNAストレージも合わせて実用化に向けて舵が切られていくだろう。今後ナノテクノロジーが一般に普及すれば、新たなイノベーションが様々な業界で起きるだろう。

-量子コンピュータ

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

no image

AIと量子コンピュータ

今日はAIと量子コンピュータのお話。囲碁と将棋の例でご説明します😊 AIは囲碁も将棋も得意。でも先の先まで、全てを見通しているわけではないんです。 人間やAIは、ダメそうだなーと思った戦術は深く考えま …

今後の人工知能の爆発的成長によって訪れる格差問題や不老不死といった問題と展望を予測。どのように対応すれば幸せな生活を送ることができるか、その叡智について発信しています。