未来社会 脳科学

脳のプライバシーは守られるのか?

投稿日:

脳科学によって脳のメカニズムが解明されると、脳はハッキングの対象となってしまう恐れがあります。
例えばハッキング対象の人の脳波をキャッチすれば、様々な意思を捉えることができるようになるかもしれません。

プライバシーのない世界になるかもしれない?
あるいはプライバシーの攻防が繰り広げられるでしょうか?

-未来社会, 脳科学
-, ,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

no image

寿命はどこまで延びるのか?

こんばんは!今日は私たちの命についてのお話。お付き合いくださいね😊 日本人の平均寿命は男性が81歳、女性は87歳です。ところが20年もしないうちに、平均寿命は毎年1才以上延びるようになるとカーツワイル …

no image

世界的権威”カーツワイル”の未来予測はなぜ、どれも的中しているのか?

人工知能研究の世界的権威であり、発明家・実業家でもあるレイ・カーツワイルの未来予測。 2005年に公開された未来予測は2010年代の社会を見事に言い当てている。 以下、予測の中から10項目をピックアッ …

IoT事例7選【海外事例を中心に紹介】

IoT(Internet of Things)は今最も注目されている技術の一つです。 この記事では、将来性のあるIoT事例を7つ紹介したいと思います。 1.nest nestは、家電操作をスマートフォ …

no image

お金の要らない世界が待っている。

AIによる業務効率化が進むと、物の値段が下がる。昔は音楽1曲1CDで1,000円くらいだったが、今はインターネットによって無料に近いのと同じ理屈だ。街医者は今後、あらゆる医療分野の数億本の論文を読んだ …

IoTとは?【技術的な側面から解説します】

IoTとは? 「IoT」という用語は、マサチューセッツ工科大学(MIT)のAuto-IDセンターの共同設立者であるKevin Ashtonによってつくられたものです。家電をはじめ、インターネットに接続 …

今後の人工知能の爆発的成長によって訪れる格差問題や不老不死といった問題と展望を予測。どのように対応すれば幸せな生活を送ることができるか、その叡智について発信しています。