未来社会 脳科学

脳のプライバシーは守られるのか?

投稿日:

脳科学によって脳のメカニズムが解明されると、脳はハッキングの対象となってしまう恐れがあります。
例えばハッキング対象の人の脳波をキャッチすれば、様々な意思を捉えることができるようになるかもしれません。

プライバシーのない世界になるかもしれない?
あるいはプライバシーの攻防が繰り広げられるでしょうか?

-未来社会, 脳科学
-, ,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

no image

モチベーション格差から貧富はさらに広がる

今後、衝撃的な格差社会が到来するのか?クラウドと人間の融合によって、知識を詰め込む必要はなくなり、脳内に直接ダウンロードできるようになると言われている。学校そのものが要らなくなるとか、この手の話は近未 …

no image

不老不死が現実になる。

ナノロボットや医療の発達で老化をコントロールすれば、不老不死も夢ではなくなってくる。 しかしながら、実はナノテクノロジーの発展は他の分野と比べるとスピード感が無いのだ。 不老不死の実現には、iPhon …

no image

国営仮想通貨でみんな豊かになる

いま、仮想通貨が人気だ。一番の特徴はブロックチェーンと呼ばれる技術。管理者がいないにもかかわらず、2009年に稼働して以来、一度もダウンしていないのだ。 一般に通貨は国が発行し、通貨政策に準じて運用さ …

IoT事例7選【海外事例を中心に紹介】

IoT(Internet of Things)は今最も注目されている技術の一つです。 この記事では、将来性のあるIoT事例を7つ紹介したいと思います。 1.nest nestは、家電操作をスマートフォ …

no image

明日から上司は、すごいPepperです!

もし新しい上司がPepper君だったらどうだろうか? 汎用人工知能ならば、あなたの上司になるには十分な能力があるだろう。 しかし自分の上司が人間ではなくロボットだとすると、 仕事を指示された際、あなた …

今後の人工知能の爆発的成長によって訪れる格差問題や不老不死といった問題と展望を予測。どのように対応すれば幸せな生活を送ることができるか、その叡智について発信しています。