未来社会 脳科学

脳のプライバシーは守られるのか?

投稿日:

脳科学によって脳のメカニズムが解明されると、脳はハッキングの対象となってしまう恐れがあります。
例えばハッキング対象の人の脳波をキャッチすれば、様々な意思を捉えることができるようになるかもしれません。

プライバシーのない世界になるかもしれない?
あるいはプライバシーの攻防が繰り広げられるでしょうか?

-未来社会, 脳科学
-, ,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

no image

人工知能に置き換わる世界。

かつての電話交換手やエレベーターガールのように。今ある仕事もなくなってゆく。 大企業は生き残りを賭けて先端技術を取り込むが、多くの社員は適応できずに脱落していくだろう。 投資家の取り分は限りなく大きく …

no image

寿命はどこまで延びるのか?

こんばんは!今日は私たちの命についてのお話。お付き合いくださいね😊 日本人の平均寿命は男性が81歳、女性は87歳です。ところが20年もしないうちに、平均寿命は毎年1才以上延びるようになるとカーツワイル …

no image

格差社会は広がっていく。

お疲れ様です!今日はAI時代の貧富の格差についてお話します😊お付き合いくださいね♩ AIの発展による恩恵を受けた投資家や経営者はますます富を蓄えます。一方で私たち庶民は十分な富の再分配を得られず、貧富 …

no image

202X年 共産主義の逆襲

冷戦のころ、まだ共産主義を本気で信じていた人々がいたが、今となっては中国共産党員でも皆無だろう。 それは、共産思想が人の煩悩を制御する仕組みになっていなかったからだ。働かなくても賃金が一緒ならサボりた …

no image

不老不死が現実になる。

ナノロボットや医療の発達で老化をコントロールすれば、不老不死も夢ではなくなってくる。 しかしながら、実はナノテクノロジーの発展は他の分野と比べるとスピード感が無いのだ。 不老不死の実現には、iPhon …

今後の人工知能の爆発的成長によって訪れる格差問題や不老不死といった問題と展望を予測。どのように対応すれば幸せな生活を送ることができるか、その叡智について発信しています。