東京もニューヨークも、都市はやがて消滅する運命だ。

多くの人が集まることで都市は成り立っている。人は仕事を、娯楽を、そしてより良い生活を求めて都市ができる。AIやドローンによるイノベーションが進めば、人や物流は空間的制約から解放されて、都市に密集する必要はなくなるのだ。これを理解するには、VRを使ってみるのが良い。まるで遠く離れた友人があたかも隣にいるように感じられるはずだ。一瞬で別世界に移動したような体験をすれば、肌感覚で理解できるはずだ。やがてオフィスへの出社も必要なくなるだろう。すなわち、東京都心の一極集中的な地価高も、今後は保証されないだろう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です