今は亡き大芸術家の”新作”をAIが創る

AIがまた新たな偉業を達成した。マイクロソフトやデルフト工科大学、INGグループ、レオブラント博物館などの共同プロジェクト「ザ・ネクスト・レンブラント」では、模倣と言うよりも本人が描いたとしか思えないような新作が生み出されている。

このプロジェクトではまず、3Dスキャナを用いてレンブラントの全作品の凹凸を含む詳細なデータをデータ化した。その後、AIがレンブラントの絵の描き方やあらゆる特徴を学習した結果、本物と見まごう程の出来栄えの新作を創造することができた。

 

AIの活躍のステージはシンギュラリティに向けて確実に一歩一歩、いや倍々にステップアップしてきている。将棋や囲碁の達人に留まらず、芸術家としても才能を開花させているのだ。

 

我々の今後の生き方を考えるうえでも、AIの進歩から決して目が離せない。

Posted in AI

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です