人工知能で創薬の大躍進が起きている

バイオベンチャーのモルキュア社。

抗体とターゲットとなるたんぱく質の結合度や抗体のアミノ酸配列をAIで解析し、創薬を効率化することで、従来の10倍のスピードと10倍の成功率で抗体を特定したという。

業務効率化は人工知能の得意分野だ。創薬でも劇的に成長を加速しているのだ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です