ビットコインやリップルは、仮想通貨というより仮想ゴールドに近い。

ビットコインやリップルなどの仮想通貨は、FRBや日銀など中央銀行に相当する管理機関が不要なのが特徴だ。マイナーと呼ばれる仮想通貨の運用参加者が分散して情報を管理し、投票によって情報が更新されるためだ。投票に例えるなら、マイナは一人一票ではなく、それぞれの持つ演算能力に比例した票数を持つのだ。そのため、マイナーの全票数の51%を占める演算能力を持つ有権者が現れた場合、データを好きに改ざんすることが可能だ。量子コンピュータの分野でパイオニアであるgoogleは仮想通貨にとって脅威だが、同時にリップル社に資本を供給しており、仮想通貨を推進する立場でもあるのだ。

 

またドルや円には発行限度はなく、中央銀行と金融政策や政治、カントリーリスクに左右されるが仮想通貨は国の影響を一切受けず、発行限度量も設計時に定められているものが多い。

 

このことから、仮想通貨の特性は、ゴールドや銀などに近いのだ。投資する方・したい方はその特性を把握のうえ、リスクには注意されたい。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です