AIの大躍進に備えよう

今日はベーシックなお話です。お付き合いください
人類の知能の進化とコンピュータの処理能力の進化の傾向は並べてみると酷似していて、いずれも直線的でなく、指数関数的な進化を遂げています。当初は緩やかな成長ですから、人間は数十年の生涯のうちに知能の明らかな進化を体感することはなかったんです。より具体的に言いますと、太古にネズミの姿だった頃から私達の祖先は長い年月、命のリレーをしてきました。その中で私たちの肌感覚には、親の世代からわずかな成長をひとつひとつ積み上げるイメージが刷り込まれているんです。でもこれからはその肌感覚とは異なる、とてつもない変革を目の当たりにすることになりそうです。

コンピュータの性能がネズミ級から人類全体の脳細胞に相当するまでの期間はわずか30年、今から28年後と言われています。でも脳や量子のメカニズムをはじめ、とても重要な科学的事実が解明されていませんから、具体的にどのような進化を遂げて、その時なにが起きるか正確に推測することはできないんです。しかしその時は間もなく訪れてしまうのです。

あなたは肌感覚とは異なる、未知の世界に飛び込む心の準備はできていますか?

 

Posted in AI

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です