仮想通貨のLISKを25万円分買ったら凄いことになった!(損益中間発表)

こんばんは!今日は仮想通貨についてのおはなしです。ここ数日、LISKという仮想通貨が爆上げしています。インド取引所への上場やソフトウェア開発環境(SDK)リリースの発表によって高騰しているみたいですね。私なりに調べた限り設計がかなり分散アプリケーション開発者向けに気が利いていて、詐欺コインも多い中で実用性を評価されている仮想通貨でだと思います。実際、私もLISKで開発してみたいと思いますもん笑。ではLISKとはどんな仮想通貨なんでしょうか?簡単に解説しておきます。LISK SDKについて(英語)

1.サイドチェーンを実装
あらゆる仮想通貨はブロックチェーン技術によって実装されていますが、LISKはブロックチェーンを複数持ち、メインのブロックチェーンの負荷を軽減、トランザクション処理能力が向上する仕組みになっています。。また、分散アプリケーションに重大なバグが見つかったとしても、影響がサイドチェーンに限定され、開発者がバグが生じる前の正常な状態に戻すことができるという柔軟性もメリットです。分散アプリケーション開発者にとってはうれしいことですよね。

2.開発言語がJavaScript
仮想通貨が投機以外の理由で今注目されている根本理由は、ブロックチェーンによる分散アプリケーションが社会システムを大きく変革する可能性があるためです。システム開発ではいかに開発者を集めるかというのが大きな問題になるのですが、LISKはブロックチェーンアプリケーションの開発言語にJavaScriptを採用しているという面白い特徴があります。Javascriptは主にWEBサイトの表示に用いられる簡易な言語で、非常に簡単に習得できます。またJavascriptを理解している開発者も非常に多いため、LISKは短期的に多くのブロックチェーンアプリケーション開発者を育成できるのではないかということで注目されています。

3.Microsoftとのパートナーシップがある
Microsoftとのパートナーシップがあり、Microsoftのazureというクラウドサービス上にブロックチェーンアプリケーションを構築する環境が提供されています。環境が整っているという点も開発者にとっては嬉しいですね。詳しくはMicrosoftのサイトを参照ください!BAAS(Blockchain as a Service) – Microsoft
ただしMicrosoftのBAASにはLISKだけではなく、Ethereumなど幾つかの仮想通貨が利用可能ですので、LISKだけの特徴というわけではありません。

4.(やっと本題)実際に購入してみた。
私も遅ればせながら昨日コインチェックでLISKを約25万円分購入しました!ちなみにVALUのBTCはまだ一切動かしておらず、先日ATMから身銭を投じております笑。

昨日購入した時の単価は約560円ほど。そして一夜明けた今日の価格がこちら!

単価が770円?!25万円の仮想通貨が一夜にして35万円に!驚きの結果になりました。ちょっと都合が良すぎですね笑。

ちなみに今月に入ってからのLISKの値動きはこんな感じで、いま絶好調です。

さて売るべきかホールドするべきか・・・悩ましいところですが、投資額の半分程度を寝かせるつもりです。LISKの取引にご興味がありましたら、コインチェックが便利ですのでご利用ください!それでは。

2017.08.27 23:30追記

結局今日は850~860円台まで上昇しました、まだ売ってません。最終的な損益に関わらず、また結果をご報告しますね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です