AI 未来社会

202X年 共産主義の逆襲

投稿日:2017年5月12日 更新日:

冷戦のころ、まだ共産主義を本気で信じていた人々がいたが、今となっては中国共産党員でも皆無だろう。

それは、共産思想が人の煩悩を制御する仕組みになっていなかったからだ。働かなくても賃金が一緒ならサボりたい。働いても給料が増えないなら、賄賂で収入を増やそうとする。人々の煩悩を制しきれず、共産主義は崩壊したのだ。

しかし感情の無い”弱いAI”が労働者のかわりに、脊髄反射のように仕事をこなせば、共産主義はまさしく理想的だ。労働者(弱いAI)によって生産された果実を、人々がベーシックインカムとして収穫すればいいのだから。

今後共産主義の復権はあるのだろうか。日本共産党には未来志向の大きなイデオロギーを政策として掲げてほしい。

-AI, 未来社会

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

no image

AIの大躍進に備えよう

今日はベーシックなお話です。お付き合いください 人類の知能の進化とコンピュータの処理能力の進化の傾向は並べてみると酷似していて、いずれも直線的でなく、指数関数的な進化を遂げています。当初は緩やかな成長 …

no image

お金の要らない世界が待っている。

AIによる業務効率化が進むと、物の値段が下がる。昔は音楽1曲1CDで1,000円くらいだったが、今はインターネットによって無料に近いのと同じ理屈だ。街医者は今後、あらゆる医療分野の数億本の論文を読んだ …

no image

明日から上司は、すごいPepperです!

もし新しい上司がPepper君だったらどうだろうか? 汎用人工知能ならば、あなたの上司になるには十分な能力があるだろう。 しかし自分の上司が人間ではなくロボットだとすると、 仕事を指示された際、あなた …

no image

AIのよくある誤解10選

ガートナーが企業内で意思決定を行うビジネスマン向けに出した「AIのよくある誤解10選」。 あなたは今のAI技術について、誤解してませんか? ・すごく賢いAIが既に存在する。 ・IBM Watsonのよ …

no image

東京もニューヨークも、都市はやがて消滅する運命だ。

多くの人が集まることで都市は成り立っている。人は仕事を、娯楽を、そしてより良い生活を求めて都市ができる。AIやドローンによるイノベーションが進めば、人や物流は空間的制約から解放されて、都市に密集する必 …

今後の人工知能の爆発的成長によって訪れる格差問題や不老不死といった問題と展望を予測。どのように対応すれば幸せな生活を送ることができるか、その叡智について発信しています。