AI 未来社会

202X年 共産主義の逆襲

投稿日:2017年5月12日 更新日:

冷戦のころ、まだ共産主義を本気で信じていた人々がいたが、今となっては中国共産党員でも皆無だろう。

それは、共産思想が人の煩悩を制御する仕組みになっていなかったからだ。働かなくても賃金が一緒ならサボりたい。働いても給料が増えないなら、賄賂で収入を増やそうとする。人々の煩悩を制しきれず、共産主義は崩壊したのだ。

しかし感情の無い”弱いAI”が労働者のかわりに、脊髄反射のように仕事をこなせば、共産主義はまさしく理想的だ。労働者(弱いAI)によって生産された果実を、人々がベーシックインカムとして収穫すればいいのだから。

今後共産主義の復権はあるのだろうか。日本共産党には未来志向の大きなイデオロギーを政策として掲げてほしい。

-AI, 未来社会

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

no image

AIのよくある誤解10選

ガートナーが企業内で意思決定を行うビジネスマン向けに出した「AIのよくある誤解10選」。 あなたは今のAI技術について、誤解してませんか? ・すごく賢いAIが既に存在する。 ・IBM Watsonのよ …

no image

不老不死が現実になる。

ナノロボットや医療の発達で老化をコントロールすれば、不老不死も夢ではなくなってくる。 しかしながら、実はナノテクノロジーの発展は他の分野と比べるとスピード感が無いのだ。 不老不死の実現には、iPhon …

no image

仕事のできる×××はモテる?!

2030年頃には、純粋機械経済へ移行するという予測が主流だ。 仕事のできる男はモテるが、この頃にはどんな男もAIに勝る仕事をすることはできないだろう。 AIは効率的に仕事をこなし、イノベーションを起こ …

no image

お金の要らない世界が待っている。

AIによる業務効率化が進むと、物の値段が下がる。昔は音楽1曲1CDで1,000円くらいだったが、今はインターネットによって無料に近いのと同じ理屈だ。街医者は今後、あらゆる医療分野の数億本の論文を読んだ …

no image

【閲覧注意】人工知能に魂は宿るか?

“魂”とは何か?人工知能が人間の能力を超える活躍を始めた今、改めて問いたい。 ほとんどの宗教指導者は、コンピュータを人間の使う道具と見なし、魂が宿ることは決して無いと考えるだろ …

今後の人工知能の爆発的成長によって訪れる格差問題や不老不死といった問題と展望を予測。どのように対応すれば幸せな生活を送ることができるか、その叡智について発信しています。