AI

AIのよくある誤解10選

投稿日:2017年6月14日 更新日:

ガートナーが企業内で意思決定を行うビジネスマン向けに出した「AIのよくある誤解10選」。
あなたは今のAI技術について、誤解してませんか?

・すごく賢いAIが既に存在する。
・IBM Watsonのようなものや機械学習、深層学習を導入すれば、誰でもすぐに「すごいこと」ができる。
・AIと呼ばれる単一のテクノロジが存在する。
・AIを導入するとすぐに効果が出る。
・「教師なし学習」は教えなくてよいため「教師あり学習」よりも優れている。
・ディープ・ラーニングが最強である。
・アルゴリズムをコンピュータ言語のように選べる。
・誰でもがすぐに使えるAIがある。
・AIとはソフトウェア技術である。
・結局、AIは使い物にならないため意味がない。

-AI

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

no image

【閲覧注意】人工知能に魂は宿るか?

“魂”とは何か?人工知能が人間の能力を超える活躍を始めた今、改めて問いたい。 ほとんどの宗教指導者は、コンピュータを人間の使う道具と見なし、魂が宿ることは決して無いと考えるだろ …

no image

世界的権威”カーツワイル”の未来予測はなぜ、どれも的中しているのか?

人工知能研究の世界的権威であり、発明家・実業家でもあるレイ・カーツワイルの未来予測。 2005年に公開された未来予測は2010年代の社会を見事に言い当てている。 以下、予測の中から10項目をピックアッ …

no image

AIと量子コンピュータ

今日はAIと量子コンピュータのお話。囲碁と将棋の例でご説明します😊 AIは囲碁も将棋も得意。でも先の先まで、全てを見通しているわけではないんです。 人間やAIは、ダメそうだなーと思った戦術は深く考えま …

no image

人工知能に置き換わる世界。

かつての電話交換手やエレベーターガールのように。今ある仕事もなくなってゆく。 大企業は生き残りを賭けて先端技術を取り込むが、多くの社員は適応できずに脱落していくだろう。 投資家の取り分は限りなく大きく …

no image

202X年 共産主義の逆襲

冷戦のころ、まだ共産主義を本気で信じていた人々がいたが、今となっては中国共産党員でも皆無だろう。 それは、共産思想が人の煩悩を制御する仕組みになっていなかったからだ。働かなくても賃金が一緒ならサボりた …

今後の人工知能の爆発的成長によって訪れる格差問題や不老不死といった問題と展望を予測。どのように対応すれば幸せな生活を送ることができるか、その叡智について発信しています。