未来社会

IoTとは?【技術的な側面から解説します】

投稿日:

IoTとは?

「IoT」という用語は、マサチューセッツ工科大学(MIT)のAuto-IDセンターの共同設立者であるKevin Ashtonによってつくられたものです。家電をはじめ、インターネットに接続された物理的なモノの事です。

これらには、スマートフォン、タブレット、ウェアラブルデバイスを含むさまざまなデバイスが含まれます。

このIoTには、ネットワーク経由でデータを転送する機能があります。

IoTアーキテクチャの概要

IoTアーキテクチャのレイヤ

  • ハードウェア/センシングレイヤー –  これはIoTアーキテクチャの最初のレイヤーです。これは、ネットワーク層に接続されているハードウェアデバイスで構成されています。無線センサネットワーク(WSN)および無線識別(RFID)は、IoTの2つの主要な構成要素として考えられている。Arduinoマイクロコントローラはセンサーと直接接続されています。Arduinoマイクロコントローラは、イーサネットまたはWiFiを使用してインターネットに接続されているRaspberry Piにも接続されています。センサーから収集したデータをリアルタイムでサーバーに送信します。
  • ネットワーク/ゲートウェイレイヤ –  このレイヤ は、ハードウェア/センシングレイヤと管理レイヤの間のブリッジとして機能します。このレイヤーは、デジタル化されたデータを受信し、それを有線LAN、Wi-Fi、またはインターネット経由でルーティングして処理します。MQTTAMQPCOAP、HTTP などのIoTゲートウェイとサーバー間の通信に使用できる別のプロトコルがあります。次のセクションでは、さまざまなプロトコルについて説明しました。
  • 管理レイヤー – これは、データモデリングとセキュリティ管理を担当するレイヤーです。これは、すべてのデータ処理またはデータ処理操作が実行されるレイヤーです。この層では、センサによって転送されたデータから必要なデータが抽出されます。
  • アプリケーション層 – これはIoTアーキテクチャの最終層です。このレイヤーは、管理レイヤーによって処理されたデータを使用します。

IoTのリアルタイムストリーム処理

リアルタイムストリーム処理とは、リアルタイムでIoTデバイスから収集されたデータストリームによるデータ処理を指します。これらは、この処理に含めることができるタスクです。

  • 変換 –  IoTデバイスから収集されたデータの変換を含みます。この変換の後、結果のデータはさらなる分析のために転送されます。
  • データエンリッチメント –  データエンリッチメントプロセスは、センサで収集された生データを他のデータセットと組み合わせて結果を得る操作です。
  • データの保存 –  この作業には、必要な保管場所にデータを保管することが含まれます。

IoTプラットフォームで使用されるプロトコル

  • MQTT –  MQTTプロトコルはパブリッシュ/サブスクライブ・アーキテクチャーを使用します。このプロトコルの中心的な通信ポイントはMQTTブローカーです。ブローカにデータを公開するときには、すべてのクライアントにトピック名が含まれます。トピックは、ブローカの情報をルーティングする役割を担います。メッセージを受信する各クライアントは、特定のトピックにサブスクライブし、ブローカーは、一致するトピックを含むすべてのメッセージをクライアントに配信します。
  • COAP-  COAPプロトコル(Constrained Application Protocol)は、軽量デバイスとインターネット(IoT)に接続するように設計されたWebベースのプロトコルです。HTTPプロトコルと同様に、COAPもRequest-Responseモデルに使用されます。また、URLを介してGET、PUT、POST、DELETEのAPI呼び出しを行うこともできます。
  • AMQP –  AMQP(Advanced Messaging Queuing Protocol)は、アプリケーションと組織の間でメッセージを渡すためのオープンスタンダードです。それはシステムを接続し、ビジネスプロセスに必要な情報を提供します。
  • HTTP – これはWebサービスの標準プロトコルであり、IoTソリューションでも使用されます。RESTFulと呼ばれる最も一般的なアーキテクチャスタイルは、モバイルやWebアプリケーションで広く使用されており、IoTソリューションで検討する必要があります

-未来社会

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

no image

【閲覧注意】2040年の衝撃

博識で地頭が良いが、人間性の欠落した”ヒト”ほど付き合いたくない人種はない。 2040年、シンギュラリティ(2045年)前夜。未来学者によれば、人工知能は進化を繰り返し、知能レ …

no image

人工知能に置き換わる世界。

かつての電話交換手やエレベーターガールのように。今ある仕事もなくなってゆく。 大企業は生き残りを賭けて先端技術を取り込むが、多くの社員は適応できずに脱落していくだろう。 投資家の取り分は限りなく大きく …

no image

モチベーション格差から貧富はさらに広がる

今後、衝撃的な格差社会が到来するのか?クラウドと人間の融合によって、知識を詰め込む必要はなくなり、脳内に直接ダウンロードできるようになると言われている。学校そのものが要らなくなるとか、この手の話は近未 …

no image

爆発する知能

既に今のAIは数千万もの論文を解釈することができる。 大学病院でも特定困難な難病でさえ、AIは判別できるだけのポテンシャルがあるのだ。 既に学習量という意味では到底AIには敵わないのだから、医者や士業 …

no image

不老不死が現実になる。

ナノロボットや医療の発達で老化をコントロールすれば、不老不死も夢ではなくなってくる。 しかしながら、実はナノテクノロジーの発展は他の分野と比べるとスピード感が無いのだ。 不老不死の実現には、iPhon …

今後の人工知能の爆発的成長によって訪れる格差問題や不老不死といった問題と展望を予測。どのように対応すれば幸せな生活を送ることができるか、その叡智について発信しています。