未来社会

IoT事例7選【海外事例を中心に紹介】

投稿日:

IoT(Internet of Things)は今最も注目されている技術の一つです。

この記事では、将来性のあるIoT事例を7つ紹介したいと思います。

1.nest

nestは、家電操作をスマートフォンに連動させ、家電品の使いやすさを追求している企業です。同社はIoT開発で大きな進歩を遂げています。

2. Kisi Smart Lock

ほとんどのIoTデバイスは家庭内で使われる前提で作られていますが、Kisi Smart Lockは住宅用ドアロックだけでなく、オフィスでの利用も前提とした製品です

クラウドベースでセキュリティ情報をシェアでき、複数人でロック・ロック解除機能が利用可能となっています。

3.カナリアススマートセキュリティシステム

カナリアのスマートセキュリティシステムは、ホームセキュリティをオールインワンソリューションで提供する画期的なシステムです。

Google AssistantとAmazon Alexaの両方で動作するだけでなく、埋め込み型AI技術、1080p HDカメラ、マイク、90デシベルのサイレンと内蔵の気象モニタを搭載しています。いつでもどこからでもリアルタイムに家の様子を見る事ができます。

この事例は、家庭内でより幅広く、より新しい用途で使用できることを示しています。

Canaryシステムでは、ナイトビジョンカメラが搭載されているため、夜間にもアプリからセキュリティ映像を確認することができます。

4. DHLのIoT追跡および監視システム

先に述べたように、多くのインターネット事例は家庭内をスマートにする機能ですが、企業での利用事例を紹介します。

例えば、DHLIoT追跡および監視システムが挙げられます。

このIoTシステムは、車両の挙動や倉庫内の環境センサーを追跡します。これらのそれぞれを組み合わせて使用​​すると、プロセスをより安全かつ効率的にすることができます。

このようなロジスティックなIoTソリューションはまだ完成していませんが、DHLのような企業がこれらのシステムを大規模に運用し業務プロセス改善に役立てている最中です。

これらの技術が進歩するにつれて、システムはより効率的になり、可能な限り最高の性能を発揮できるようになります。

5.シスコ

ネットワーク機器メーカー大手のシスコはIoTだけで機能する工場作るというミッションに取り組んできました

リモートモニタリングとアクセスにより、シスコは工場のマシンとシステムを制御できます。これは、効率を高め、最適化できる製造プロセスの弱点を見つけるために使用することができます。

シスコはこれに留まらず、他のIoT企業と提携してIoTによってあらゆる業務プロセスを最大限に改善するミッションにも取り組んでいます。このようなイニシアチブは、人々がIoTに関心を持つだけでなく、IoT未来を創造することを示しています。

6.プログローブのスマートグローブ

シスコと同じように静かですが、より小さなスケールでは、ProGloveの「マーク」は業界初のスマートな手袋です。

組み合わせることでのIoTとウェアラブルつのデバイスでのソリューションを、ProGloveは彼らの仕事で、産業労働者がより安全でより効率的にされています。  

実際の手袋は、リアルタイムの視覚および触覚フィードバック、無線接続、ジェスチャセンシングとともに、産業環境の安全条件を満たすように設計されています。手袋には品質チェックと文書化のためのバーコードスキャナーが付いています。このようなソリューションは、ProGloveのようなセット企業が、他のインターネットの事例とは別に、独創性に関しては何かを示しています。

7.ケラー・ヴェルデラ・スマート・ミラー

"鏡、ミラー、壁に..."私たちの最後のインターネットの事例は本当に魔法の鏡のように見えます。しかし、Kohler Verdera Smart Mirrorは魔法ではなく、単に技術の新しい一歩です。Amazon Alexaと協力して、Verderaは質問に答えることができ、気象について教えてくれますし、ミラー上であなたに通知することもできます。音声の人気がすでに市場を支配していることから、これは次のステップとして理にかなっています。

この製品は現時点では贅沢品と考えられていますが、技術が進歩して新しい開発が行われるにつれて、このデバイスの幅広い用途は明らかに次のステップと思われます。誰かが知っている、多分いつか我々はすべておとぎ話のまっすぐに私達の自身の魔法の鏡を持っている。

IoTは将来性の高い技術です

これらの例からもわかるように、IoTは将来性が高い技術です。IoT技術やその製品をどのように活用するか、今後の発展が期待されます

-未来社会
-

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

no image

AIはヒトを滅ぼすか?

AIは生理的な不都合や苦痛を真に理解しない。 合理的な判断に基づけば、十分に発達したAIはヒトを生かし続ける理由がないのだ。 それはまた、AIを組み込んだ人間についても言える。 サイボーグという言葉が …

no image

人工知能に置き換わる世界。

かつての電話交換手やエレベーターガールのように。今ある仕事もなくなってゆく。 大企業は生き残りを賭けて先端技術を取り込むが、多くの社員は適応できずに脱落していくだろう。 投資家の取り分は限りなく大きく …

no image

【閲覧注意】2040年の衝撃

博識で地頭が良いが、人間性の欠落した”ヒト”ほど付き合いたくない人種はない。 2040年、シンギュラリティ(2045年)前夜。未来学者によれば、人工知能は進化を繰り返し、知能レ …

no image

お金の要らない世界が待っている。

AIによる業務効率化が進むと、物の値段が下がる。昔は音楽1曲1CDで1,000円くらいだったが、今はインターネットによって無料に近いのと同じ理屈だ。街医者は今後、あらゆる医療分野の数億本の論文を読んだ …

no image

仕事のできる×××はモテる?!

2030年頃には、純粋機械経済へ移行するという予測が主流だ。 仕事のできる男はモテるが、この頃にはどんな男もAIに勝る仕事をすることはできないだろう。 AIは効率的に仕事をこなし、イノベーションを起こ …

今後の人工知能の爆発的成長によって訪れる格差問題や不老不死といった問題と展望を予測。どのように対応すれば幸せな生活を送ることができるか、その叡智について発信しています。